トイレ介護の失敗を減らす排泄予測機器DFree

DFreeが、尿のたまり具合を見える化し
トイレの失敗を防ぎます

DFree(ディフリー)は、超音波センサーを使用して膀胱内の尿のたまり具合をリアルタイムで計測し、排尿のタイミングを事前に通知するウェアラブルデバイスです。

DFreeを使用することで、トイレの介護負担を減らせます。

DFreeが、尿のたまり具合を見える化しトイレの失敗を防ぎます

DFreeの特徴

膀胱の状態をモニタリング

エコー診断にも使われている超音波センサーで

膀胱の状態をモニタリング

10段階の数値でわかりやすく表示

尿の溜まり具合を

10段階の数値でわかりやすく表示

排尿ケアのタイミングを通知している様子

排尿のタイミングを

通知でお知らせ

DFreeが叶えてくれること

トイレの失敗を減らせるから
介護の負担と費用が減らせる

DFreeの事前のお知らせにより、余裕を持ってトイレに行くことができるため、トイレの失敗を減らすことができます。オムツ費用と介護者の負担を減らします。

尿のたまり具合がわかるから
安心して生活できる

DFreeで最適なトイレタイミングを知らせてくれるため、トイレの悩み・心配を減らします。DFreeがあると安心・快適に過ごせるので、利用者のQOL(生活の質)が向上します。

トイレタイミングがわかるから
自立につながる

尿意を感じづらい方でもトイレのタイミングがわかるので、オムツになるべく頼らず自立した生活を送れます。

製品情報について詳しく見る

DFreeを個人で利用する方向け

  • 在宅介護など、排尿に関してお悩みの個人の方

  • 22年4月より特定福祉用具として保険適応が可能

要支援/介護認定の方は、介護保険適用で1~3割負担で購入可能!
(1割負担の方の場合:税込9,900円~)

介護保険適用で購入する方法について、詳しくはお問い合わせください
こんな方にオススメ

こんな方にオススメ

本人向け

  • トイレに失敗してしまう頻度が増えてきた方
  • 漏れへの不安感が強く、何度もトイレに行っている方

家族向け

  • トイレ介護のタイミングがつかめない方
  • トイレ介護の失敗による衣服や布団の洗濯が大変な方

DFreeを医療・介護施設で利用する方向け

  • 医療・介護施設でプロフェッショナルの方に使っていただける製品

  • 施設内で、複数人の利用者を一括管理

  • 補助金も利用可能

例:ロボット介護補助金利用だと100,000円~
※補助率3/4の場合。自治体によって異なります

補助金について、詳しくはお問い合わせください
こんな方にオススメ

こんな方にオススメ

  • 医療・介護現場における排尿ケアの業務負担を軽減したい
  • おむつ・パッド費を削減したい

コンテンツブログ

もっと見る

お問い合わせ

ご利用目的に合わせてご相談ください

お問い合わせ

ご利用目的に合わせてご相談ください

無料相談ダイヤル

03-5459-1295

平日10:00~17:00 土日祝日、年末年始を除く

個人向けの
DFree Home Care

医療介護従事者・販売店の方向けお問い合わせはこちら

よくある質問

Q
うまく使えるか、まずは試してみたいです。お試しはできますか?
A
個人様でも施設様でも1週間程度お試し利用が可能です。各ページからお問い合わせください。
Q
地方でも使えますか?
A
個人様でも施設様でもお試し利用を申し込んでいただければ、日本中どこでもお試しいただくことは可能です。お試しセットを発送させていただき、お試し中遠隔でサポートします。
Q
体に直接装着することについて、皮膚トラブルが心配です。
A
装着用シートは医療用テープと同じ素材を用いており、お肌への負荷は最小限に抑えています。
Q
子供にも使えますか?
A
使用可能です。トイレトレーニングに活用できた事例もあるのでご活用ください。ある程度尿をためることができるお子様であれば使用可能です
よくある質問をもっと見る

お知らせ

もっと見る

開発者の想い

DFreeでトイレの悩みを減らし
尊厳を保ち続けることに役立ちたい

排泄タイミングを予測するデバイス「DFree」が生まれたのは、私が米国での留学中の悲惨な体験がきっかけでした。突然の強い便意に襲われ、公衆トイレが見つからず、うんこを漏らしてしまったのです。

お漏らしが人の尊厳をいかに傷つけるかを身をもって知ったことで、二度と同じ経験をしないようにという思いからDFreeの開発に至りました。

DFree株式会社 代表取締役 中西 敦士

DFree株式会社
代表取締役 中西 敦士

慶應義塾大学商学部卒。大手企業向けのヘルスケアを含む新規事業立ち上げのコンサルティング業務に従事。
その後、青年海外協力隊でフィリピンに派遣。2013年よりUC Berkeleyに留学し、2014年に米国にて起業。2015年よりDFreeの開発を行う。
著書:「10分後にうんこが出ます-排泄予知デバイス開発物語-」 2016年・新潮社

資料ダウンロードお問い合わせ