製品のご紹介

仕組み

超音波による安全な膀胱観察

人体に安全な超音波センサーを利用したDFreeは、膀胱内の尿のたまり具合を捉えます。
計測した膀胱のデータをリアルタイムで解析し、DFree専用アプリやパソコン上に解析した結果を表示します。

超音波による安全な膀胱観察 超音波による安全な膀胱観察

膀胱の膨張と収縮

膀胱は、尿を一時的にためる袋状の器官です。恥骨の上に乗るように位置しています。膀胱は、尿が溜まると膨らみ、尿がなくなると収縮します。
DFreeには超音波センサーが4個搭載されており、反応するセンサーの個数に応じて、尿のたまり具合を10段階で表示します。

排尿前

排尿前
排尿前のエコー写真
超音波診断装置でとらえた「膀胱のエコー画像」

膀胱に尿がたまり膀胱が膨らんでいる

排尿直後

排尿直後
排尿直後のエコー写真
超音波診断装置でとらえた「膀胱のエコー画像」

膀胱に尿がたまっておらず膀胱が収縮している

正しい装着位置

正しい装着位置

恥骨から1~2cmほど上にDFreeセンサー部を装着します。(個人差があります)
センサーの位置を膀胱が観測できる位置に装着すること、センサーをしっかりと密着させることが重要です。

誤った装着例:
装着方法が異なるとデータが正しく表示されないことがありますので、ご注意ください。

装着位置が上過ぎる
装着位置が上過ぎる

膀胱に超音波が届かなくなります。

装着位置が下過ぎる
装着位置が下過ぎる

超音波が恥骨にあたり、膀胱へ届かなくなります。

センサーが浮いている
センサーが浮いている

浮いている箇所の超音波が膀胱へ届かなくなります。

密着していない
密着していない

膀胱に超音波が届かなくなります。

利用者の測定条件

DFreeをご利用いただく際には、測定しやすい対象者・姿勢条件・測定環境を正しく理解した上でお使いください。誤った使い方をした場合、適切なデータを取ることができず、DFreeの性能を発揮できないことがありますので、ご注意ください。

測定しやすい姿勢

※ 安静な姿勢の方がより測定しやすくなります。姿勢の変化等の体動が大きいと、適切なデータが取れない可能性があります。

仰臥位
側臥位
ゆるい座位
側臥位

測定しにくい姿勢

※ 下記の姿勢の場合、膀胱の形状が変化するため、データが取れにくい場合があります。

側臥位
側臥位
前傾姿勢
側臥位
歩行時
側臥位
座位足組
側臥位

適切なデータが取れない可能性のある方

  • 皮下脂肪が多い方
  • 皮膚のたるみが多い方
  • 未就学児等の小さなお子様
  • 尿をためることができない方
  • 1回の排尿量が少ない方
  • 尿を出しきれない方
  • 下腹部に大きな手術痕・傷のある方
  • 体毛の濃い方
  • 妊娠中の方